株式会社ビッグアイは「SDGs」宣言をしています。

株式会社ビッグアイは「SDGs」宣言をしています。

持続可能な開発目標(SDGs)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

引用元:JAPAN SDGs Action Platformより(https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html)

ビッグアイが目指すSDGsを通して行う貢献内容

 

長寿命化リノベーションにより豊かな生活を実現する。

建物の状況に合わせた性能向上を行い耐震性・耐久性・維持管理更新向上

家族構成の変化に合わせたリノベーションを行い誰もがいつでも安全健康な生活ができる住宅を提供

働き方改革に挑戦 労働生産性の向上

女性の活躍

育児・出産・介護への支援

地域に密着し自然と調和したライフスタイルに関する情報を発信

住まいと設備の定期点検の実施

幕張ベイタウンにおける支えあう安全なコミュティーの保護

環境負荷への配慮

建築物の長寿命化による有限な資源の浪費抑制

美しい現場活動による廃材抑制

リノベーション投資による社会資産としての価値創出

長寿命化リノベーションにより豊かな生活を実現する。

建物の状況に合わせた性能向上を行い耐震性・耐久性・維持管理更新向上

家族構成の変化に合わせたリノベーションを行い誰もがいつでも安全健康な生活ができる住宅を提供

働き方改革に挑戦 労働生産性の向上

女性の活躍

育児・出産・介護への支援

地域に密着し自然と調和したライフスタイルに関する情報を発信

住まいと設備の定期点検の実施

幕張ベイタウンにおける支えあう安全なコミュティーの保護

環境負荷への配慮

建築物の長寿命化による有限な資源の浪費抑制

美しい現場活動による廃材抑制

リノベーション投資による社会資産としての価値創出

 

リフォーム・リノベーション事業

長寿命化リフォームにより豊かな生活を実現する。

ビッグアイはベイタウンリフォームのプロを目指しています。

家族構成の変化に合わせたリノベーションを行い誰もがいつでも安全健康な生活ができる住宅を提供することで、持続可能で狂人的な街づくりに貢献します。ビッグアイは、リフォーム事業を通し省エネ商材を推奨していくとともに、工事車両のCO²削減とに努めてまいります。

環境負荷への配慮

ビッグアイは、リフォーム事業を通し省エネ商材を推奨していくとともに、建築物の長寿命化による有限な資源の浪費抑制、美しい現場活動による廃材抑制、工事車両のCO²削減とに努めてまいります。

充実の研修・人材育成制度

共感力・感謝力・技術力の向上

ビッグアイでは、技術や知識を習得する教育だけでなく、人間力を養う教育にも力を注いでいます。

生涯学習という観点から、社員さんには施工技術の向上はさることながら、日本社会の一員として、地球人として必要な道徳観や人間性を身につける研修を受講していただいています。男女差別、年齢差別なく成長の機会を用意し、様々なOJT、OFFJTを通して社会のお役に立つ人財を育成してまいります。

様々な働き方を実現

働き方改革に挑戦 労働生産性の向上

ビッグアイでは、女性スタッフも活躍しています。子育て・介護中でも働きやすい社風や社員全員が活き活きと活躍できる環境を目指しています。

性別や人種を問わず、お互いに支え合い、仕事のやり甲斐や社会への貢献活動を通じて、一人ひとりが輝く会社を目指してまいります。高齢者の方にも長く社会に貢献していただける職場環境を整備して参ります。

各種工事におけるパートナー企業との連携

リフォーム事業においてパートナーシップは非常に重要で、取引関係にあるパートナーとの関係を強化しなければ、お客様にご満足いただけるリフォームをご提供し続けることは困難です。

一時的な関係性ではなく、長期的なパートナーシップの構築を目指し、お互いが社会に役立てる事業を提供します。今後はグローバル人財の採用も含めて世界とのパートナーシップを強化してまいります。

今後のSDGs貢献活動の報告につきましては、サイト上のブログやFacebook Pageにて随時更新していきます。

これからも株式会社ビッグアイをよろしくお願いいたします。